骨盤矯正前の予備知識

骨盤矯正前にいちょう通り接骨院がお伝えする【 女性の骨盤 】について

文責:いちょう通り接骨院 院長 牧村 康広

作成日:2020年04月21日

最終更新日:2020年10月09日

女性の骨盤


【 赤ちゃんをお腹で育て出産するために 】

① 女性は胎児をおなかで育て出産し易くするために、男性に比べ 骨盤が「 横に広く縦が短い 」「上下の開口部は広く」なっております。

 

② 女性の骨盤は出産時にはリラキシンの分泌量を増やし関節を緩め産道を広げることで、赤ちゃんを出産しやすくなります。( 女性ホルモンのリラキシンには仙腸関節・仙尾関節・恥骨結合を緩める作用があります。

 

リラキシンという女性ホルモンは 妊娠3ヶ月頃 から 産後2,3日 に分泌され関節や靱帯を緩めます。

 特に出産時には分泌量が増えて恥骨結合を緩め産道を広げます

リラキシンは生理前にも分泌されますので、いちょう通り接骨院の骨盤矯正で女性ホルモンが正常に分泌されるようにしておくことをお勧めします。)

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ては健康な赤ちゃんを出産するため

妊娠中の骨盤 / いちょう通り接骨院

 妊娠中はリラキシン( 女性ホルモン )の働きによって関節が不安定になり関節を支える筋肉靱帯に大きな負担が加わります。

 妊娠中は体重が増え筋力も低下していますので靱帯関節面に大きなストレスが加わります。

(いちょう通り接骨院からの妊娠中のアドバイス)

1、筋 関節への大きな負担を避ける.

2、ストレッチや入浴などで筋、関節への血流を促進させ栄養をおくる。

3、関節に負担をかけず筋力低下を防ぐためウォーキングなどの軽い運動とストレッチを行う。(極力、筋力低下を抑え骨盤矯正に備えましょう。)

 

妊娠中の筋力低下を最小限にとどめると出産・骨盤矯正後、再度歪みにくい骨盤にすることが出来ます。

 

妊娠後の骨盤 / いちょう通り接骨院

 骨盤は背骨を支えていることから『 姿勢をコントロールし、『 大切な内臓を入れる器です。

 産後に緩んだ関節が正常に戻らず、ゆがんだ状態になると、頭痛 首の痛み 肩の痛み 背中の痛み 腰痛 股関節痛が 現れたり、骨盤内臓(膀胱・尿道・直腸・肛門・卵巣・卵管・子宮・膣膀胱など)や下半身の血行を悪くさせ便秘生理不順下半身のむくみ冷え性の原因にもなります。

 

  特に妊娠前から筋力低下が起こっていると妊娠中から徐々に関節 筋肉 腱 に負担が加わり損傷していたり、リラキシンを分泌しなくなっても関節が正常な位置に戻らず上記のいろいろな問題が起きている場合が多いです。( 産後には、骨盤矯正と筋力回復が必要となります。)

骨盤の歪みと脳の働き / いちょう通り接骨院

 人の脳は体の良い状態悪い状態も記憶しそれに慣れるという性質があります。


 骨盤が歪んだ悪い状態を脳に記憶させておくと、体の不具合はいつまで経っても解消されません。

 また、女性ホルモンのリラキシンは生理時にも分泌され関節が通常より緩みますので、深部の筋肉がうまく働いていない状態では骨盤が歪んだ状態に戻ってしまい調子を崩す原因となることがあります。

 【 各務原のいちょう通り接骨院では骨盤矯正を行いお体の良い状態を脳に記憶させておくことをお勧めします。

 

 明るい家庭にはママさんの笑顔が欠かせません。

 各務原や各務原近郊にお住いの方で出産後まだ接骨院で骨盤矯正を行っていない方はいちょう通り接骨院での骨盤矯正をお試しください。

 

 出産後は接骨院で骨盤矯正を行い笑顔ででお子さんの成長を見守りましょう。

    受付・施術時間

     
    午前 -
    午後 -

    【受付時間】
    午前 7:30 ~ 午後 1:00
    午後 3:00 ~ 午後 9:00

    【施術時間】
    午前 8:00 ~ 午後 9:00

    【定休日】
    日曜日と祝日です。
    ( 骨盤矯正を希望される方は定休日も対応可能な場合がありますのでお気軽にご相談ください。)

    所在地

    〒504-0855
    岐阜県各務原市
    蘇原新栄町1-71-5
    名鉄六軒駅から北へ徒歩15分
    バロー中央店を超えビデオレンタルGEO(ゲオ)の東駐車場から目の前にいちょう通り接骨院の看板が見えます。

    058-322-6201

    お問合せ・アクセス・地図

    PageTop